「働き方改革」改正後の法令に対応するためには、どのようなことが必要でしょうか

 


 

 〇就業規則・36協定・賃金規程の確認・見直し
 〇時間外労働・休日労働時間の見直し、割増賃金計算の確認

 〇年次有給休暇取得日数管理方法と時季指定方法の確認
 〇人員確保の検討
 〇労働条件の全てについて、その趣旨と正規・非正規労働者

  の差を点検

 〇労使協議の体制確認
 〇非正規雇用労働者の正社員化・限定正社員化の検討

  ・・・などが早急に必要です。

 

  積極的に取り組んでいただくことにより、「働き方改革」は、優秀な人材の確保、

 モチベーションの向上、生産性の向上といった効果も期待できます。

 是非、御社にとって大きなプラスになる機会としてご活用ください。

 

 

 

  ⇒元のページに戻る