顧問契約のメリット

社労士と顧問契約するメリットは?

 

1.いつでも「問い合わせ」「相談」「頼める」安心感。

 顧問契約していただくことにより、必要な時に、いつでも、どんなことでも、お気軽にお問い合わせ・

 ご相談いただくことができます。

 採用・退職に関すること、社内規定に関すること、問題のある社員に関することなど、疑問や課題が

 生じた時点でお問い合わせ・ご相談いただき、早期に対応・対策・改善していただくことが可能です。

 

2.契約外業務も、顧問契約先様優待料金が適用されます。

 顧問契約に含まれていない業務も、顧問契約をしていただいているお客様の場合、全ての契約外業務

 について、顧問契約先様優待料金を適用させていただいております。例えば就業規則の見直し・改定

 を行う場合、スポット契約の場合の半額で対応させていただいております。

 

3.経費の削減になります。

 少なからぬ頻度で発生する労働保険・社会保険に関する諸手続きに対応するために、社内に給与計算

 や諸手続きを担当するご担当者を確保していただくことは企業様のご負担となります。

 手続代行顧問の場合、通常発生する手続業務はほぼ全て含まれていますので、ご担当者を確保して

 いただく必要はありません。

 

4.機密漏洩を防ぎ、情報を安全に管理します。

 社内のご担当者は、従業員はもちろん経営者様や役員の個人情報をも業務上知ることとなります。

 しかし、経営者様としては従業員には知られたくない情報もあり、信頼するご担当者でも全てを任せ

 るには情報漏洩のリスクなど一抹の不安を感じられることもあるかもしれません。

 労務手続きや給与計算をアウトソーシングしていただくことにより、個人情報、給与・賞与額、従業

 員の評価情報などの機密情報は確実に守られます。

 

 *社会保険労務士は、社会保険労務士法による守秘義務が課せられていますので、内容の如何にかかわ

  らず、ご相談いただいたことや情報が社内外に洩れることは一切ありません。安心してお任せいた

  けます。

 

5.業務引き継ぎなどの不安がなくなります。

 労務手続きや給与計算をアウトソーシングしていただくことにより、ご担当者の休職・退職による

 後任担当者の確保や、引き継ぎの手間がなくなります。

 また引き継ぎが不十分だった場合に結果として生じてしまうミスも防げるため、これによって従業員

 から不信感を持たれるといったリスクもなくなります。

 

6.本業により専念していただくことができます。

 労務に関する事務や手続きはとても重要で企業の維持発展に不可欠ですが、業務自体は煩瑣で時間を

 取られる上に、それ自体は直接売上や利益を生むものではありません。煩雑な手続き業務に貴重な

 時間を取られることは企業様にとってはマイナスです。

 アウトソーシングしていただくことにより、確実に労務上必要な手続きを遂行でき、企業様のコンプ

 ライアンスが守られます。

 

7.最新情報が入手できます。

 労働・社会保険関係諸法令は頻繫に改正されます。お忙しい経営者様や他にも多くの業務を抱えて

 いるご担当者に、法改正情報などを常にリサーチしていただくことには限界があるかもしれません。

 顧問契約していただくことにより法改正情報などをいち早く入手できます。

 

8.万が一トラブルが発生した場合でも・・

 万一従業員や退職した元従業員とトラブルが発生した場合でも、御社に不利益が無い様に、全力で

 サポートさせていただきます。顧問契約サービスにより企業様を労務トラブルの起きにくい、また

 トラブルが起きても強い企業にしていただくことが可能です。